同じ東京でも場所が違えばこれだけ違う!お土産たち

いろいろな顔を持つ東京

日本の首都の東京は、世界的にもよく知られている都市です。全国からたくさんの人やモノが集まっていますが、その土地ならではの長く根ざししているカルチャーも一つの持ち味になっています。お土産を選ぶ場合も、東京ならではの土地柄・ローカル色といったものを意識して選ぶのが喜ばれるコツかもしれませんね。同じ東京でも渋谷や原宿で売っている東京土産と、浅草や巣鴨で売られている東京土産では全く別物となっているのですから。

サブカルチャーが好きな若者向けのお土産

東京には世界に発信しているサブカルチャーの街でもある、秋葉原があります。ここは国内からの観光客だけではなく日本のサブカルチャーに興味がある外国人観光客も多いことで知られています。街並みもそこで売られているものも都内の中で異彩を放っているものばかりですから、いわゆるオタク向けの商品やポップカルチャーが好きな人向けのお土産や受け狙いのお土産にぴったりですね。一般的に知られているものの一例におでん缶がありますね。

下町文化やレトロな雰囲気で選ぶなら

江戸っ子文化や下町文化が今でも色濃く残っているのが浅草です。ここでは食べ物や工芸品を含めて色々なお土産物が売られています。昔ながらの良さを意識したチョイスをしたいならこのあたりのエリアからチョイスしましょう。お土産を探す目的で立ち寄ったとしても、観光地としても楽しめるスポットです。お年寄りがよく集まるスポットとしては全国でも知られているのが巣鴨です。巣鴨のお土産でおいしい干物などが有名です。干物が好きな人に贈ると喜ばれますよ。

東京に旅行したら東京でお土産を買う機会があると思いますが、珍しい東京の土産でおすすめな物に、皇居の無料見学ツアーでしか買えない特別なグッズがあります。